たかおのビオトープ

思いついて、やってみたことを書いています。

イチョウから うまくいくのか わからない モミジに変える OYOKOYO

こんにちは、たかおです。

今日はモミジの苗を20本植えました。

父が作ったギンナン畑。

イチョウの黄葉が綺麗ですが、拾わない実のせいで独特の匂いが、臭いです。

近所迷惑が心配で、モミジに変えたいなぁと思っています。

f:id:nature-n:20230115212603j:image

2022年のポット苗

昨年は小さな苗を引っこ抜きポット苗にしました。夏の酷暑を避けるためにイチョウの木陰に移してほったらかしにして半年、大きくなるどころか枯れてしまうものもありました。

夏にはイチョウが葉が繁り日光が十分に届かなかったせいでしょう。水やりも不十分で小さなポットではすぐに水不足になってしまうようで管理が大変だということがわかりました。

 

2023年の苗植え

昨年の初夏にはビオトープ内にあるモミジが落とした種からたくさんのモミジの芽が出ていました。

f:id:nature-n:20230115204406j:image

そこから猛暑を乗り越えて残った苗を20本、直にギンナン畑に植えることにしました。

 

植える準備

ギンナン畑に20本、散らして植えたかったのでイチョウの脇にモミジ1本ずつ植えていきます。

落ち葉を掻いて地面を出してみると、薄くですが表土が黒い層があって、養分が有りそうな気がしたので用意しておいたバーク堆肥投入は見送ることにしました。


f:id:nature-n:20230115205651j:image

f:id:nature-n:20230115205655j:image

掘り返して軽く山にしておきます。これは水切りを良くするのと、草刈りの時に誤って刈るのを予防するためです。

f:id:nature-n:20230115210103j:image

 

苗の採取

今年もモミジはたくさんの葉と種を落としています。昨年の種から苗になったものを使います。

f:id:nature-n:20230115210428j:image

木にとって根は大切なことはいうまでもありません。なので苗を取るときはできるだけ根を切らないように気をつけます。

苗が大きくなってくると根を全部取るのは不可能に近いです。


f:id:nature-n:20230115204835j:image

f:id:nature-n:20230115204839j:image

 

苗の植え付け

山盛りにした土のてっぺんを掘って植え付けます。そして手で軽く山全体を押さえつけて軽く固めます。

本来は植えた後に水やりをするのですが、昨日は雨、今夜も雨予報のなのでやめておきました。

草刈りの際に誤って刈らないよう目印にピンクテープを付けました。

木がもう少し大きければ縛りつけることもできそうですが、あまりに小さいのでリボンのようにしてみました。


f:id:nature-n:20230115210721j:image

f:id:nature-n:20230115210725j:image

 

若干の焦り

木が育つには時間をかける以外ありません。自分の人生が折り返しに近い今、元気にこんな事できるのは、最長でも30年、もしかしたら20年ないかもしれません。そうすると、今のうちに根付かせないと成功できないのではと、若干の焦りが出てきました。今日の作業では20本植えてイチョウ畑の上半分です。もう下半分はもう少し暖かくなってからやってみようと思います。

こんなことを5年やって30年もすれば、なんとなく見てもらえる紅葉となりますでしょうか。

 

新たな敵の予感

さて、これまでたかおのビオトープにはアライグマ、ハクビシン、イノシシと害獣が出没してきて対策に苦心してきました。

そして今日、新たな敵の出現を予感せずにいられない痕跡が発見されました。

f:id:nature-n:20230115212019j:image

はい、シカのフンです。シカは植えた樹木の新芽を食べて枯らしてしまうとのことです。対策として大きなストローのようなカバーをつける場合もあるようです。

私にはそんなことする気はまったくありませんし。。。またのんびり考えます。

 

お読みいただきありがとうございました。

久しぶり新年あけて初作業 スロースタートが継続のコツ?

こんにちは、たかおです。遅くなりましたが今年もどうぞよろしくお願い致します。

年末は新型コロナ(オミクロン)にかかり隔離生活で、実家の母にうつすわけにはいかないので、時間を空けて今日久しぶりに実家に帰っての初作業となりました。

初作業は、寒冷紗の直しと柚子の収穫、メジロの供養の話でのんびりとした初作業となりました。

目次

薪棚の寒冷紗が強風でぶっ飛んだ!

以前に倉庫で眠っていた材料で薪棚をDIYしました。薪棚の屋根には、塩化ビニルの波板を使用していますが紫外線に弱いので、紫外線対策としてやはり倉庫にあった寒冷紗を掛けました。

台風でも捲れたことは無かったので安心していましたが、久しぶりに行ってみると大きくめくれていました。それにしても飛んでいかず残ってくれていて良かったです。

f:id:nature-n:20230108161138j:image

波板と寒冷紗を止めていた結束バンドが切れていました。
f:id:nature-n:20230108161153j:image

ダイソーでダブルクリップを購入してこれで止めることにしました。
f:id:nature-n:20230108161142j:image

ひととおり端部で寒冷紗と波板をクリップで止めて修理完了です。
f:id:nature-n:20230108161157j:image

雨水タンクの寒冷紗がぶっとんだ!

薪棚の樋から雨水を貯めるタンクにも紫外線対策として寒冷紗を巻いてありましたが、やはりめくれていました。これも、ぐるっと寒冷紗をまき直してクリップで止めておきました。

遅すぎる柚子の収穫

たかおのビオトープには柚子が2本あります。父が孫のために植えたもので、こちらもほったらかしの無農薬ですが、お世辞にもキレイとは言えない実を毎年付けてくれます。年内に最後の収穫する予定が狂い、今日になってようやく収穫しました。f:id:nature-n:20230108161134j:image

柚子の木にはトゲがあり収穫にはとてもストレスになります。しかも枝が上に伸びて、さらに混んできたので奥にある実をとるのは大変です。この冬に思い切って剪定しようと思います。

収穫した柚子は柚子湯にしたり、母がジャムや料理に使います。私と家族は食べる専門ですが、砂糖控えなジャムは家族にも評判がいいので母が元気なうちに作り方を教わらなければ。f:id:nature-n:20230108161209j:image

メジロの供養

実家の裏にメジロが✩になって落ちていました。ガラス戸にぶつかったのか、よくわかりませんがとてもきれいで✩になってからあまり時間が経っていない様子。

花壇に埋めてやりました。

お読みいただきありがとうございました。

薪棚の記録をこちらに載せておきますのでよろしかったらどうぞ。

 

nature-n.hatenablog.com

 

nature-n.hatenablog.com

 

流行に 疎い私も オミクロン

こんにちは、たかおです。

今回は油断していたら、新型コロナに感染したという話です。まだ、感染していない方の参考になればと思い報告させていただきます。

 

経緯

経緯は以下のとおりです。ちなみに私は持病はなく、ワクチンは3回接種、今年の対インフルは未接種です。

 

22日(木) 0日目

 

午前中から喉が、いがらっぽくなり昼食を食べずに早退

自宅で検査キットで陰性

 

23日(金)1日目

 

未明

38.5度の発熱、喉の痛み、筋肉痛、関節痛

インフレンザを疑う

 

PM

37.5度に落ち着く

自宅近くの医療機関に電話し受診

オミクロン陽性、インフルA B陰性

 

24日(土)2日目

最高38.9度を記録するがだいぶ落ち着いてくる。喉の痛みは残る。

 

25日(日)3日目

現在平熱。喉の痛みは残る。味覚障害等は大丈夫そう。

 

病院の対応

歩いていくつもりだと伝えると、隔離する部屋がないからクルマで来るように指示されました。

駐車場が満車に近い状態でしたが、なんとか駐車できました。受付、検査、診察、会計、薬の手配、薬の会計のすべてが、事務の方、看護師の方、医師の方、薬剤師の方が、完全防備し寒い中、私のクルマまで来てくださり対応していただきました。

 

職場の環境

職場内でも複数人の感染者が出ていました。みなさんマスクをしていますがそれでも感染者が増えてきていました。ちょうど気温が下がったのと重なり換気が十分できなかったのかもしれません。

私が感染を報告すると両サイドの社員も陽性反応とのことでした。

 

私の緩み

私は、新型コロナは今となってはインフルみたいなもんでしょ、とナメていました。

でも、病院の完全防備を見て自分の甘さをとても反省しました。医療現場と世間のギャップを感じました。

 

まとめ

罹ってしまったらしょうがないけど、感染予防は万全に

うがい、手洗い、換気 +マスクを徹底し今シーズンはインフルエンザにはかからないようにしようと決意しました。

7日めとなる29日まで隔離生活でした。30日にようやく解放されました。

 

お読みいただきありがとうございました。皆様もお身体に気をつけて良い年をお迎えください。

 

 

 

 

 

真っ黄イモ 真っ赤なモミジと 焼き芋で

こんにちは、たかおです。

今日は安納芋を焼き芋にした話です。

今年はサツマイモを3種類ー紅はるか、紅あずま、安納芋を作りました。焼き芋用として安納芋を選んでみました。紅○○のイモと比べると、赤みが薄く、淡い紫色に見えます。

焼き芋の準備

今シーズン初の焚き火de焼き芋です。昨日は小雨が降るイマイチな天気でしたが決行しました。

はじめに小さめの安納芋を2つ水洗いします。

アルミ箔と焼き具合を確認する竹串を用意して準備完了です。

f:id:nature-n:20221217195139j:image

チップ作業の横で焚き火開始

剪定した枝をチップにする作業の脇で焚き火台を使って焚き火をすることにしました。イチョウなどの落ち葉がたくさんありましたので焚き火台の周辺はキレイにして火を着けました。昨日は風が無かったので安心して焚き火が出来ました。それにしても、焚き火台を使うとよく燃えてくれます。

f:id:nature-n:20221217195216j:image

 

イモ投入

約3時間ほど焚き火をし、その間3回、薪を投入しました。効率よく燃えるので残ってほしい燠もほどなくして灰になってしまいます。少し火力が弱い気もしましたがイモを投入しました。

安納芋は真っ黄色

20分程で竹串が刺さって完成です。1つは実家の母とおやつに分けて味見、もう1つは自宅に持って帰ります。

f:id:nature-n:20221217195306j:image

2つに割ってみると中は真っ黄っきです。見た目どおり甘味が強いサツマイモでした。

f:id:nature-n:20221217195249j:image

普通に美味しい焼き芋が出来ました。

自宅に持ち帰ったら奥さんが「1個だけ?」と。今年初めてで練習だからと説明。

出来上がりから1時間以上時間が過ぎていましたが、焼き芋は冷め切らずほんのりと暖かったのに驚きました。

それにしても小さいの2つだから何とか火が通ったものの、大きいイモとか、4,5個というとやり方を変えないと難しそうです。

イチョウに遅れてモミジが真っ赤になってきました。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

nature-n.hatenablog.com