たかおのビオトープ

思いついて、やってみたことを書いています。

雨の日に 草刈りしたら ヒキガエル

こんにちは、たかおです。

昨日、こちらは本降りの雨となりました。

そんなに降ると思っていなかったのでイチョウ畑の中の草刈りを始めたのですが、作業中にヒキガエルを見つけたので捕まえて"ひっきー"と名付けカメトープ1号池に入れました。今日はヒキガエルの話です。

カエル、特にヒキガエルは、苦手な方もいると思うので写真は下の方に張っておきます。

目次

1 ヒキガエルの思い出

私はヒキガエルを見るのが実に40年ぶりです。小学生の頃、近所のおじさんから「たかちゃん、うちの裏にヒキガエルがいるからもっていきな~」と言われ、カエル好きだった私は走って捕りに行ったことを思い出しました。

その時は、家にあった虫かごにヒキガエルを入れて数日飼ってみましたが、エサをやれずに痩せてきたので山に放しました(たぶん…)。

少年時代の印象では20センチくらいでとても大きかったと記憶していますが大人になったせいか、ひっきーは少し小さく感じました。

2 ヒキガエルの種類

これまで、ヒキガエルヒキガエル1種類しかいないと思い込んでいました。今回、ヒキガエルについて調べてみました。

 国内に生息するヒキガエルは、二ホンヒキガエル、アズマヒキガエル、ナガレヒキガエル、ミヤコヒキガエル、そして外来種のオオヒキガエルの5種類でした。

今回見つけたヒキガエルは、二ホンヒキガエルかアズマヒキガエルのどちらかだろうとなりました。もう少し調べてみると、こちらの地域では二ホンヒキガエルは生息しないことになっているので、ひっきーは、アズマヒキガエルと思われます。

ではオスかメスか?

交尾の際、オスが間違えられてオスに乗られて脇を抱えられると、乗られたオスは「おい、俺はオスだ」と鳴くそうです。ということで、脇の下を抑えられて鳴くのがオスで、メスは鳴かないようです。

捕獲した時は草刈りの途中で捕獲し軍手のまま、たぶん脇の下あたり抑えていたと思いますが鳴いていなかったのでメスだと思います。

ということで、ひっきーはアズマヒキガエルのメスという結論になりました。

3 レッドリストで見るアズマヒキガエル

 レッドリストは絶滅の恐れのある野生生物の種のリストで、国内では環境省が出している全国版と、地方公共団体が出している地域版があります。

それでアズマヒキガエルを見てみると

アズマヒキガエルは、全国版では、特になし。

       地域版では、要注目種となっています。

ちなみに、たかおのビオトープに関係する他のカエルは次のとおり。 

ツチガエルは、全国版では、特になし。

       地域版では、準絶滅危惧種となっています。

モリアオガエルは、全国版では、特になし。

       地域版では、準絶滅危惧種となっています。

ということで、こちらの地域では、カエルが減ってきていることがわかりました。 

4 カメトープ1号池にひっきーを入れてみた

1号池と2号池のうち、より浅い1号池に入れてみました。

最初は水に入らずに石の隙間に身を寄せていましたが、そのうち、池に入りリラックスしているようでした。間もなくして見えなくなってしまいました。

1号池に居座るのか、2号池に移動するのか、はたまた山に帰るのかは、ひっきーの好きにしてくれればいいのですが、また会うことができれば嬉しいです。カメトープで産卵してくれれば最高です。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

写真等をこの下に貼っておきます。


www.youtube.com

 

 

f:id:nature-n:20220521210414j:image
f:id:nature-n:20220521210333j:image



 

 

エアポンプ 水も空気で 汲み上がる

こんにちは、たかおです。

たかおのビオトープの東隣りにあるお隣さんの大きな樫の木が切られました。このおかげでカメトープの北側にある車庫に陽が当たるようになりました。これを機に、以前設置した水中ろ過器を改良し、太陽光発電式タイマー制御エアレーション&物理・生物ろ過装置byエアリフトを設置しました。

太陽光発電、タイマー制御、エアレーション、物理ろ過、生物ろ過、エアリフトでお悩みの方の何かしらのヒントになれば嬉しいです。

 

目次

1.太陽光発電で電源を確保

たかおの太陽光発電から1セット移設することにしました。

1.1発電機器概要

ソーラーパネル RENOGY100W 1枚 f:id:nature-n:20220507202854j:image

充放電コントローラーRENOGY WANDER 12V用

f:id:nature-n:20220507210548j:image

バッテリー ACDelco 12V BOYEGER 27MF 2個(並列)

f:id:nature-n:20220510214643j:image

1.2太陽光パネルの設置角度    

仰角 約9度

設置方角 西

車庫の屋根と同じ角度、方角になり発電効率は落ちますが、取付技術が未熟なため屋根とパネルの間に隙間を設けると強風時に飛ばされるのが心配なので、発電効率が落ちますが屋根と隙間が生じないように設置しました。

1.3取付方法

車庫のフレームに波打ちポリカの上から鉄板を耐候性タイラップで固定し、鉄板とソーラーパネルを耐候性タイラップで固定しました。飛来防止のためソーラーパネルをワイヤーで車庫フレームに接続しました。


f:id:nature-n:20220510215111j:image

f:id:nature-n:20220510215107j:image

f:id:nature-n:20220510214956j:image

2.タイマーでエアポンプの稼働時間を制御

エアポンプを運転し続けると、ほぼ1日でバッテリーが空っぽになったので、タイマーで制御することにしました。

2.1タイマー

 ネットで購入した中国製のタイマーで1年ほど順調に動いています。この手のパーツは初めて使用しましたが故障もなく満足してます。


f:id:nature-n:20220507210732j:image

f:id:nature-n:20220507210726j:image

f:id:nature-n:20220507210738j:image

2.2稼働時間

これまで毎日、3時間、エアポンプを作動させて1週間ごとにバッテリーを交換して充電していました。

 毎日 AM9時~10時 PM0時~1時 PM3時~4時 計3時間

今後は、常に充放電が繰り返されるので、運転時間の設定をいろいろ試してみようと思います。

3.エアレーションとエアリフト

3.1エアポンプ機器概要

エアポンプ KSガレージ DC12V用 18W

エアストーン 15㎝ 1個


f:id:nature-n:20220507210831j:image

f:id:nature-n:20220507210824j:image

3.2水の汲み上げ方法

池底からエアリフトで水の汲み上げし、ろ過装置に導水します。13ミリの塩ビパイプを基本にDIYで穴をたくさんあけて作製しました。ポンプのパワーがあるのでエアリフト用とエアレーション用にエアホースを分岐させました。

これを沈めて池底の水をろ過装置まで汲み上げます。

4.ろ過装置

使い古しの雨樋を使用してろ過装置を作製しました。

現地合わせで長さが約50㎝の物理&生物ろ過装置とします。

ほんの少しだけ勾配を付けて水が流れるようにしました。

砂利の下にはプールライナーが敷かれているので、水は漏れることなく池に戻ります。

4.1物理ろ過装置

池底から汲み上げられた水は、水槽用のろ過マットで大きめのごみが除去されます。

4.2生物ろ過装置

生物ろ過のろ過材について、いろいろ迷いましたが、最初はコストを抑えるために砂利で試してみます。そこに、たかおのビオトープに沢山生えているフキを植えてみて余分な栄養をフキに吸ってもらうという考えです。


f:id:nature-n:20220507211057j:image

f:id:nature-n:20220507211047j:image

f:id:nature-n:20220507211107j:image

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

nature-n.hatenablog.com

 

nature-n.hatenablog.com

 

アオミドロ お前の敵は 何なのさ

こんにちは、たかおです。

カメのためのビオトープ、カメトープ(未だにカメはいませんが)1号池はアオミドロに覆いつくされそうな勢いです。

今回はアオミドロを少しでも減らしたいと思い、寒冷紗で日陰を作ることにしました。いい結果が出ると嬉しいのですが。

1 1号池の状況

カメトープ1号池の水深は大体0〜30センチぐらいです。上空には紅葉があり、その横には桜が2本あります。時期になると落ち葉や花びらが大量に池に落ち込みます。

午前中は木陰に入り午後から直射日光が当たります。

かつて植えたクレソンが池の片隅で元気に生えています。

クレソンの無い水面にはアオミドロが溢れんばかりに増えています。
f:id:nature-n:20220509214421j:image

2 アオミドロの好む場所

アオミドロが増える原因として、①日当たりが良い、②水の富栄養化が挙げられます。

カメトープ1号池は①、②とも当てはまりますので、こうしたアオミドロが好む点を減少させるて、なんとか段階的にアオミドロを減らしていきたい思います。

3 陽当たりを悪くする

先日、水面にブルーシートを敷いたところ水が腐ってしまいました。今は時期的にもツチガエルがたくさん住み着いているので、上空に寒冷紗を張って陽当たりを抑制してみることに。1か月ほど様子を見てアオミドロの元気がなくなってきたところで次の手を打ちたいと思います。


f:id:nature-n:20220509215730j:image

f:id:nature-n:20220509215734j:image

f:id:nature-n:20220509215737j:image

4 思わぬ遭遇

クレソンにはトンボが羽化した際の脱け殻が付いていました。これまで数種のトンボが飛来してきたのを目にしていましたので、ついに自分の作った池からトンボが飛び立つまでになったかと嬉しく思いました。

抜け殻からヤンマの種類だろう位は推測できますが、それ以上は分かりません。

その数日後、クレソンの中に羽化して羽を乾かすヤンマを見つけました。しかもお昼前の時間であったので、とても驚きました。アラフィフの私も初めて生で見る光景でした。


f:id:nature-n:20220509221955j:image

f:id:nature-n:20220509221951j:image

成体を見るとギンヤンマでしょうか。ギンヤンマは4か月から8か月ほどで成体になるようで、1号池で越冬したと思われます。池の水を抜かなくてよかったと思いました。

 

アオミドロを減らす方法に、直接むしり取る方法もありますが、ここまで酷くなるとアオミドロに小さな生き物が絡まって分別が難しいです。

生き物の負担を小さくした上で、アオミドロ対策を段階的に進めて行ければいいなと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

スイレン葉 出て喜ぶも 溶けちゃった

こんにちは、たかおです。初めてスイレンを植えて半月が経ちました。2枚の葉が水面に出て喜んだのも束の間、たくさんのボウフラが湧き、そのうちに水面に浮いた葉が溶けてしまいました。水中の3枚目の葉も溶けています。葉が溶ける原因は不明ですが、とりあえずボウフラ対策に金魚を入れてみました。

目次

1 スイレンの葉が溶けた

初めのうちはスイレンの葉も小さいながら厚みもあり順調に育っていました。

2枚目が水面に浮いた頃から段々と葉の周りから溶け始め無惨な格好となってしまいました。

何か虫がついているわけでも無く、挙句の果てに、まだ水中にある3枚目の葉まで溶けてだしていました。

f:id:nature-n:20220508234652j:image

2 ボウフラが湧いた

気温も上がり蚊が出てきました。案の定、しっかりとボウフラが湧いておりました。

ボウフラはスイレンの葉を食べることはないようです。確かに観察してみても、その様な動きは見られませんでした。

ボウフラを観察していると、ボウフラが群れていることがあることに気づき、そんな事もあるんだと感心しました。

f:id:nature-n:20220508235139j:image

3 金魚を入れた

ボウフラが湧くのは嫌なので、ボウフラを食べてもらうように金魚を入れました。

市内の金魚屋さんに子と一緒にいって、好きな金魚を選んでもらいました。

金魚屋さんでは色々な種類の金魚がいて楽しかったです。

子が選んだのは、隼人和金というヒレの黒い和金と、東錦という紅白の琉金です。

私の飼い方では、横から見る機会は無く上からしか見えません。和金の方は口も黒くヒゲが生えている様なのでヒゲ、琉金は、見た目のとおりマルと名付けます。

2匹ともボウフラたくさん食べて長生きしてね!

f:id:nature-n:20220508173105j:image

f:id:nature-n:20220508183524j:image

4 ヌマエビも入れた

カメトープ2号池からヌマエビも投入します。2号池の繁茂したアナカリスにガサガサ1回してヌマエビが10匹ほど網に入りました。2号池の環境もいい感じのようで安心しました。


f:id:nature-n:20220509001756j:image

f:id:nature-n:20220509001759j:image

5 甕トープに訂正

スイレン鉢の代わりに、”かめ”を使ったのでかめトープにしました。“瓶”の字は“かめ”とも“びん”とも読むことを知り勉強になりました。土の”かめ”は”甕”の字ということで、やはり”かめ”と読んで頂きたいので、前回命名した“瓶トープ”を”甕トープ“に訂正したいと思います。

 

お読み頂きありがとうございました。

nature-n.hatenablog.com

 

祝百回 桜吹雪とサクランボ

こんにちは、たかおです。

今回で、たかおのビオトープ100回目の投稿となりました。ブログを始めてから4年が経とうとしています。途中、間が空いた期間もありますが最近は概ね週イチで投稿を続けて何とか100回を迎えることができました。

これもひとえに読んで頂いたり☆やブックマークを頂いたりコメントを頂いたりする方々のおかげです。本当にありがとうございます。

これからも細く長く、ビオトープ作りを続けていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。

 目次

1 水面に桜は嬉しい?

カメのためのビオトープ(未だにカメはいませんが)の上にある、八重桜。

花びらのボリュームがあり、カメトープの1号池、2号池とも一面桜色で染まります。

落ちたばかりはきれいです。でも水質の観点からすれば、できるだけ池の中には入れたくありませんのでネットを掛けました。


f:id:nature-n:20220426215353j:image

f:id:nature-n:20220426215349j:image

左の1号池には目の細かいネット2枚で覆います。目の細かいネットはこの2枚しかないので右の2号池には少し目の粗いネットで覆います。目の粗いネットでは残念なことに花びら通過率100%でした。

2 花びらは腐りやすい

目の細かい青いネットを掛けた1号池では花びらの重みで水に浸かり、気温が高い日もあったため腐り始めていました。

f:id:nature-n:20220426215826j:image

2号池の方は全部、池の中なので水質の悪化は酷く、7匹もの魚(小ウグイ)が☆になるという最悪の結果となってしまいました。ショックのあまり写真を撮り忘れました。

落ち葉ならこんな早く腐らないのですが花びらは薄いので腐るのがとても早いです。

大体の花びらは散ってしまったので一度ネットを外しました。

この日はあいにくの雨、気温もそれほど上がりませんでした。


f:id:nature-n:20220426215524j:image

f:id:nature-n:20220426215521j:image

 

3 花びらの次はサクランボ

昨日の大雨で池の水質は少し回復した模様。

花びら被害を免れた1号池ではクレソンの間からツチガエルが顔を出しています。周囲に置いた苔も新緑です。水中はアオミドロだらけですけど。


f:id:nature-n:20220430185345j:image

f:id:nature-n:20220430185326j:image

2号池の掃除をしていると、ズボッといい音で何かが2号池に落ちます。サクランボが落ちて入るのです。

これはすぐ腐るわけではありませんが、水中に落ちると拾うのがとても大変です。

1号池はアオミドロで覆われているので今回は何もしないことにしました。

2号池にもツチガエルがいるので水面から空間を確保して目の細かいネットを掛けることにしました。


f:id:nature-n:20220430185225j:image

f:id:nature-n:20220430185233j:image

4 水替えはあまりしないことにした

どうしても水は汚れますが、水替え、特に一度に大量の水替えはしないことにしました。なぜかというと、池の中にいる生き物を救出しきれないからです。

この4年のうちに色々な生き物を入れたり、勝手に入ってきたり、産卵までして、もう全員の救出は不可能です。

これからは足し水やエアレーションを基本に水質を維持して、思い付きを試しながらやっていこうと思います。

 

お読み頂きありがとうございました。

 

最初の投稿です。

nature-n.hatenablog.com

 

 

若葉うつ ちっちゃなモミジ 春の雨

こんにちは、たかおです。

昨日はワクチン3回目の副反応で1日寝ていました。寝る程でもないけど、寝込むと決めていたので何となく寝ていました。

今日は雨の中、作業を行いました。

昨年の秋に種を撒いたモミジが芽を出し、春の雨を受けてすくすくと成長してきました。

ポット苗にした子モミジも順調に若葉を出してくれました。

モミジの双葉は普通(?)の形でした。本葉は、モミジ、です。

f:id:nature-n:20220424075518j:image

来週もしばらく曇り空が続きそうな予報ですが、気温が低い今のうちに子モミジの水やりに必要な雨水タンクを設置と、イチョウの木陰への引っ越しをしました。

雨水をどのようにタンクに集めるかが悩ましいところで、いろいろ方法が考えられます。正解は一つではないと思いますが、何かのの参考になれば嬉しいです。

1 材料を集める

タンクは放置されていたものを使います。昔、祖父がトラックの荷台に乗せて使っていた記憶がありますが同一の物かはわかりません。紫外線で上面には割れが入っています。スイコーのスーパーローリー600Lだと思われます。

集水には倉庫にあったストック品、波打ちポリカ1枚と、木杭2本、垂木1本を使います。木材はクレオソートを塗ってあったのでそのまま使用します。


f:id:nature-n:20220417175538j:image

f:id:nature-n:20220417175541j:image

 

2 仮設置してみる

溜めた雨水は敷地の高低差による自然の力で楽に流したいので敷地の中で高い方に設置します。

木杭を柱に垂木を梁にして支えを作り、波打ちポリカを固定します。

波打ちポリカは軽いので木材の強度があれば十分かと思います。


f:id:nature-n:20220417175810j:image

f:id:nature-n:20220417175807j:image

木杭は短くタンクの方が高さがあるので斜面下段にタンクを置くことで解決です。

針金で波打ちポリカを絞り、余すことなくタンクへ集水します。


f:id:nature-n:20220417180005j:image

f:id:nature-n:20220417180444j:image

f:id:nature-n:20220417180448j:image

3 排水口は25ミリのパイプを接続

このスイコーのタンクは25ミリのポリ塩化ビニルのパイプを接続できました。スイコーのHPでは蛇口のバルブが掲載されていますが、シビアな開度の調整はしないので、信頼性は落ちますが安価なボールバルブを使うことにします。これで1週間、水を貯めてみました。


f:id:nature-n:20220417180517j:image

f:id:nature-n:20220417180514j:image


4 1週間で1/4程度

この1週間で雨が降った日は2日間でした。大体、1/4程度溜まりました。溜まっていた落ち葉を網で掬い上げました。

すでにボウフラが湧いていたので一度水を抜きました。


f:id:nature-n:20220422162202j:image

f:id:nature-n:20220422162205j:image

f:id:nature-n:20220422162246j:image

f:id:nature-n:20220422162248j:image

 

5 ボウフラと紫外線対策

蚊はどうしてもどこからかやってきます。完全にいなくすることは不可能だと解ってはいるものの出来るだけ減らしたい、ということで対策をしました。

割れをガムテープで塞ぎ、マンホールを網戸の網で塞ぎます。

紫外線によるタンクの損傷を防ぐため、倉庫にあった寒冷紗で全体を包みました。


f:id:nature-n:20220422162713j:image

f:id:nature-n:20220422162710j:image

6 ちっちゃなモミジの引っ越し

これまでは陽当たりの良い場所に置いていましたが、週一の水やりでは乾燥してしまうので、紫陽花の苗と一緒に銀杏畑の中に移します。

f:id:nature-n:20220424175502j:image

軽く草刈りをして小綺麗にしてから移しました。奥に見えるのが雨水タンクです。ゴムホースを繋げば楽に水やりが出来ます(たぶん)。


f:id:nature-n:20220424175147j:image

f:id:nature-n:20220424175150j:image

f:id:nature-n:20220424175153j:image

種を採った親モミジの下では無数の芽が出ています。この子たちも出来るだけ移植してやりたいと思います。

f:id:nature-n:20220424175336j:image

お読み頂きありがとうございました。

 

nature-n.hatenablog.com

 

今度こそ しっかり植えたよ 未草

こんにちは、たかおです。

今日は3回目のワクチン接種(ファイザー製)で有休を頂きました。

昨夜の大雨が嘘のように快晴となりワクチン接種までの時間があったので、先週に植え付けしたスイレンについて、もみじさん(id:momijiteruyama)からアドバイスをいただきましたので植え直しました。

 

1 前回の植え方

スイレン素人の私は前回、芽を土から出すことだけを気にしてスイレン(イモ)の位置をあまりに気にしませんでした。なんとなく葉を真ん中にしようとしたら、結果的にイモのお尻が真ん中になっていました。右の写真で、葉の左側に黒く見えるのがイモのお尻です。たまたま見えてました。


f:id:nature-n:20220422160313j:image

f:id:nature-n:20220422160316j:image

 

2 鉢を瓶から出す

私は植木鉢を使用しているので瓶から出すと、鉢の穴から水がすっと抜けていきます。

水切れがよく作業スムーズに進みました。

スイレンのイモは葉の付いている方向に伸びるのでその方向を空けた方がよいと、もみじさんからのアドバイスです。

 

スイレンを掘り出しお尻を植木鉢のヘリにくっつく位置で植え直しました。

写真を撮り忘れましたが、葉の左側にイモがあり、お尻は植木鉢の縁につけました。葉から右側には何もありません。

水に沈めて5日経過しましたが赤玉土のつぶつぶはしっかり残っていました。今回もつぶすことはせず、そのまま作業を進めました。

緩効性肥料のマグァンプの今回は追加せずそのままですが、完成写真で白点が5点ほど見えます。これがマグァンプです。

f:id:nature-n:20220422160536j:image

 

3 鉢を瓶に戻すと水が濁った

作業が進み気が緩んだか、何も気にせずそのまま鉢を瓶に戻しました。すると、赤玉土から濁りが出て瓶の水全体が濁ってしまいました。

慌てずに、植木鉢に水をかけて泥分を洗い流してから瓶に戻せばよかったです。

写真をとってもスイレンが見えないので、注水して薄めることにしました。


f:id:nature-n:20220422160851j:image

f:id:nature-n:20220422160941j:image

 

4 水がキレイになって完成

2時間位注水したら濁りも取れたので完成です。

これからの水替えもこんな感じでやれば楽にできることが分かりました。

f:id:nature-n:20220422160951j:image

植木鉢の6時の位置(手前下)にイモの尻があります。12時の位置の方角(写真奥)が南になります。太陽に向かって伸びる葉に引っ張れてイモが南の方角に伸びるかと思い、このように植木鉢を置いてみました。

さて、今後が楽しみです(明日はきっと副反応で1日ダウンです)。

スイレンを植えようとしている方の何か参考になれば嬉しいです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

 

nature-n.hatenablog.com

nature-n.hatenablog.com