たかおのビオトープ

思いついて、やってみたことを書きたいと思います。

かぶと・~ぷ 2021 夏

こんにちは、たかおです。

 たかおのビオトープでは木を蹴るとカブトムシやクワガタが落ちてくる雑木林、かぶと・~ぷ(まだ幼虫しかいませんが)を育成中です。

 その中にカブトムシの産卵場所、かぶ島(かぶとー)1号では冬に幼虫が確認できました。

 その幼虫が無事カブトムシになったか確認したかったのでトレイルカメラを設置してみました。

  今回はその報告です。ちなみに前回の報告はこちら↓ ↓ ↓

nature-n.hatenablog.com

1 かぶ島(かぶとー)に大きな穴が!

 かぶ島(かぶとー)1号、2号ともに何かが掘った穴がありました。イノシシだと全面的に荒らされてしまいますので、もしかしたらハクビシンか何かかもしれません。

 かぶ島(かぶとー)1号のカブトムシの蛹が食べられたりいたずらされていなければ良いのですが。1号にはネットを張ったためか深く掘られたのは幼虫のいない2号の方でした。

f:id:nature-n:20210731133026j:plain

一番大きな穴はかぶ島(かぶとー)2号でした。

野良猫をたまに見かけるので猫かもしれません。

2 かぶ島(かぶとー)1号で カブトムシ  オス 3匹!!

 かぶ島(かぶとー)1号のネットの内側にトレイルカメラをセットしました。

 

f:id:nature-n:20210731132030j:plain

トレイル

 3週間の設置で1回だけでしたが、7月11日夜8時頃にオス3匹が映っていました。

 7月11日というと梅雨明け前ですので、自分が思っていたより成虫になるのが早かったです。

 編集もせずそのままYouTubeにアップしてしまいました。

 よろしかったらご覧ください。

 日中はカブトムシの姿を見ませんので、この動画だけでしかカブトムシを確認できおりません。このあとにはネットの下から抜け出していったと思います。

 

www.youtube.com

 

3  カブトムシとクワガタ

 カブトムシは無事に成虫になってくれて安心しました。カブトムシは今のやり方で問題なさそうです。

 クワガタは、幼虫で数年かかりますし、産卵する朽木もまた考えていかないと。

 

 お読みいただきありがとうございました。

モリアオガエル産卵のその後・・・

こんにちは、たかおです。

カメのためのビオトープ、カメトープ(まだ、カメはいませんが)に、7月初め、モリアオガエルが卵を産みました。

 泡の中でオタマジャクシになって池に落ちたところをキャッチするよう、水を張ったバケツ(落っタマトープ)を置いてみました。

 

 果たしてうまくキャッチできたのか?

 

 今回はその報告です。

 

 まさかの粘りを見せてくれたモリアオガエルでしたが、残念な結果となりました。

 前回の様子

nature-n.hatenablog.com

 

1 2号池の卵塊と落っタマトープ まさかの展開

 落っタマトープをカメトープ2号池に置いたのは、まだ、梅雨の終盤期でした。

 

 梅雨最後の雨って、梅雨の総仕上げみたいな感じで、豪雨になることって多いなぁと感じています。今年もそのパターンかな。

 

雨水を2号池に入れているので、その豪雨で予想外の増水、落っタマトープが沈没?してました。

f:id:nature-n:20210723211321j:plain

通常より5センチ以上も水位が上昇。

上を見ると、卵塊の張りがありません。あれれ?大丈夫かなぁと心配になりました。

 

f:id:nature-n:20210723211603j:plain

豪雨で流れた卵

 

そして、落っタマトープを覗いてみると、オタマジャクシにならず白い卵のまま落ち入っていました。キャッチは成功したみたいです。

 

  落っタマトープ が 落っタマゴ になってしまいました。

f:id:nature-n:20210723214316j:plain

白いのが卵です。わかりますでしょうか?数は5,6個でした。

黒いのは子タニシ、沈没したせいで侵入した模様。

 

2 ここでさらなる展開が

 あぁ、あれほどの大雨が無ければなぁと思いながら残念がっていると、あれっ!?

f:id:nature-n:20210724204811j:plain

カメトープ全景と沈没した落っタマトープ 改め 落っタマゴ

もしかしたら上の写真で気づかれたかもしれませんが1号池の上にあるモミジに、モリアオガエルの卵塊を見つけました。

f:id:nature-n:20210723212029j:plain

キレイな形の卵塊。大雨の後に産卵されたものと推測。

ここで、気を取り直して、カメトープ1号池に落っタマトープを移動しました。

f:id:nature-n:20210723212149j:plain

落っタマトープ 復活!! 手を抜いて中身そのままに移動

 これでまた、1週間後に様子を見たいと思います。

 

3 大雨の後の日照り

 この1週間で梅雨明けが発表されました。梅雨明けと同時に容赦ない夏の日差しが照り付けました。気温も上昇し30度を超える夏らしい日が連日続きます。

 週末、ビオトープに行ってみると、まさか、卵塊が萎んでいました。

 バケツの中も前回と変わらず。あまりのショックで写真を撮り忘れて、落っタマトープ(オタマジャクシ、まだ落ちてませんが)を撤収しました。

f:id:nature-n:20210723212510j:plain

この日差しでは、無理でしょうよ

4 来年こそはカエルにしたい

新聞で目にした、とある公園でのモリアオガエル産卵の記事は6月初め頃だったと思います。 一方、たかおのビオトープに産卵したのが、去年も今年も7月初めでした。

 

7月に産卵する以上は今回の様な事は、これから将来、起こりやすくなってきると思います。たしかに、子どもの頃は、今と比べれば涼しく、30度を超える日もそれほど多くなかったです(日本全国そうですね。。)。

 

また、今回、卵の数が全然少なかったのが気になります。

卵塊の中を確認したわけではないので、なんともあれですが、バケツに落ちたは、2号池でたった5,6個でした。

 

昨年も今年も、モリアオガエルが産卵したことだけで喜んでおりましたが、来シーズンは、オタマジャクシ、カエルになる手伝いができればいいなぁと思います。

 

ほったらかしを基本とする私ですが、何か策を考えたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

かぶと・〜ぷ 夏の準備

こんにちは、たかおです。

 長い梅雨が明けました。雨がしっかり降ってくれて草はどんどん大きくなりました。

一度にできる草刈りも限界ってのがあるので、かぶと・~ぷの周りの草刈りをすることにしました。

 

f:id:nature-n:20210717101938j:plain

草刈前 手前が かぶ島1号 で奥が かぶ島2号 でその奥がウドの大木

雑草のせいで何が何だか分からない

 かぶ島(かぶとー)についてはこちらをご覧ください。

nature-n.hatenablog.com

nature-n.hatenablog.com

 

1 クヌギの成長が順調

 どんぐりから作った苗を植えて、3年。

しばらく成長がイマイチの気がしていましたが根が安定してきたからなのか、この梅雨でクヌギの樹高がとても伸びたように感じます。

これくらいになると、草刈り機で誤って刈ってしまう恐れが無くなってきます。

これからもクヌギがどんどん成長して早く雑木林となってほしいものです。

 

f:id:nature-n:20210717204214j:plain

夏空とクヌギ。はやく大きくなぁ~れ

 

2 かぶと・~ぷの様子

  以前、かぶ島(かぶとー)1号に獣の足跡のようなものを見つけ、対策としてネットを張ってみました。これまでのところ荒らされることはありませんでした。

ネットが功を奏したのか、獣でなかったのかはわかりませんけど。

 

 今回、よく見てみるとかぶ島(かぶとー)1号に小さな穴を4つ見つけました。

もしかしたら、もうカブトムシが成虫になって出て行った跡かも?

無事に出て行ったとすれば、目的達成です。

f:id:nature-n:20210717204058j:plain

穴って、どういうわけか少し掘ってみたくなりますが、蛹があると大変なので我慢

 やっぱりカブトムシを実際に見てみたいので目の細かいネットの方でペットボトルを支柱代わりにしてネットと地面の間に隙間を作ってみました。タイミングがうまく合えばカブトムシ見れるかなぁと。

 

f:id:nature-n:20210717204512j:plain

左側は目の大きなネット、右側(白と緑)の細かい方だけやってみました。

 

f:id:nature-n:20210717101754j:plain

f:id:nature-n:20210717204552j:plain

上の写真が草刈り前、下が草刈後のかぶと・~ぷの全景。

なかなか草刈り機、上達しません。

手前の低木みたいのはウドの大木、ホントは全部切りたかったけど、時間切れ。

残りは、また今度。

お読みいただきありがとうございました。

カメトープにアカハライモリがやってきた

こんにちは、たかおです。

 カメのためのビオトープ、カメトープ(まだ、カメはいませんが)に、少し前の話になりますがアカハライモリがやってきました。

 週末の1日、耕作放棄地に作業しに向かいますが、毎回1時間くらい、カメトープの様子をボケーと見てしまいます。

 6月下旬、2号池を眺めていると、石の隙間からスイスイとアカハライモリが1匹泳ぎ出てきました。

イモリをカメトープに入れた覚えなんてありません。なのに、なぜ?

f:id:nature-n:20210710155439j:plain

アカハライモリと自作の水中ろ過器(停止中)

毎度、分かりづらい。すいません。。。

1  カメトープの頂点捕食者

 カメトープではツチガエルが増えてきました。

 ツチガエルは小さいヤツから大きいヤツまで、しっかり数えてはいませんが、20匹はいるようだし、オタマジャクシもいますので、このまま住み続けてもらえるなぁと思います。カメがまだいないので、現在のカメトープの頂点捕食者はこのツチガエルだと思われます。

 ツチガエルは水中では捕食しないので、水中の環境はアカハライモリにとってもいいはず。水中ではイモリが頂点捕食者になるのだろうと思われます。

 カメがいない間だけですけど。

f:id:nature-n:20210710161902j:plain

まんまるツチガエル 頂点捕食者の貫禄?

2 なぜ、いるはずのないイモリがいたのか?

 アカハライモリについてウィキペディアで調べてみると、雨の日には水から出て移動することもあるとのこと。私は今までずっと水中にいるもんだと思っておりましたので、イモリを見つけた時にはなぜ⁇と思いましたが、少しは納得できました。

 子どもの頃、隣のお宅の池を見たことがあって、その時イモリが泳いでいたことを思い出しました。たぶん、その子孫でしょうか。

 また、小さいなオタマジャクシ等を捕食するため、モリアオガエルの生息地では厄介者とされているとも。

 落っタマトープでキャッチしないとイモリのエサか~。

でも、それが自然、あまり気にしない。

 

3  なぜ、モリアオやアカハラは池があることをわかったのか

モリアオガエルアカハライモリもどうしてカメトープを見つけることができたのか?

両者とも隣地の池や林から来たのだと思います。距離は10m。たいしたことはありません。ただ、その間に幅2mの流路があり、いつも水は枯れていますが、雨が降ると、かなりの流速で流れ、下手すれば人だって立ってられないくらい。そんな流路をわざわざ超えてきます。

 

ここで、私の仮説ですが、

 

 ツチガエルの鳴き声により、池があることを確信し、鳴き声の方に移動する。

                          

 と考えてみました。

 

 ツチガエルは年中、水があるところに生息するようです。

 

ツチガエルが鳴くことにより、ツチガエルの存在が知られ、

それにより、池があることが、その他の生き物にも知らされる。

 

ということで、仮説があっているかは別にして、ツチガエルも大事にしていこうと思った出来事(モリアオとアカハラの来訪)でした。

 モリアオガエルのはこちら。

nature-n.hatenablog.com

 

お読みいただきありがとうございました。

 

モリアオガエルがカメトープに産卵しました 

こんにちは、たかおです。

梅雨が本格的になったこの1週間、ついにカメのためのビオトープ、カメトープ(まだ、カメはいませんが)にモリアオガエルの卵塊を確認しました。

昨年は桜の幹に産卵していました。nature-n.hatenablog.com

 

1 カメトープのモリアオガエル

 梅雨に入ってからモリアオガエルが産卵にくるかどうかずぅーっと気になっておりましたが、本日(7月4日)ついに泡状の卵塊が確認されました。場所はこれまでと同じカメトープ2号池の上になりますが場所が若干違い、ツルの葉でした。

梅雨に入り、曇りの日が増えてくると隣地の植え込みからモリアオガエルらしき鳴き声が聞こえてきていましたので、きっとそのカエル達が産卵のためにやってくるのだと思われます。

昨年はオタマジャクシが確認できませんでした。

原因はオタマジャクシが落ちたらすぐに2号池のハヤに食べられたと思っていましたが真相はわかりません。

今年はカエルになるまで観察できればいいなぁと思います。

f:id:nature-n:20210704200734j:plain

分かりづらいですけど・・・赤マルの中に卵塊がある

f:id:nature-n:20210704204329j:plain

モリアオガエルの卵塊のアップ

2 オタマジャクシをバケツでキャッチしたい

 モリアオガエルは、泡の中の卵塊からオタマジャクシに孵って水に落ちます。

今年はカメトープ2号池の中に水を張ったバケツを置いて、落ちてくるオタマジャクシをキャッチしカエルになるまで見守りたいと思います。

 

     モミジさんのオタマトープをパクらせていただきネーミング。

momijiteruyama.com

 

その名は 

落っタマトープ(まだ落ちてませんが) in カメトープ(まだカメいませんが)

 

です。

 

f:id:nature-n:20210704201449j:plain

うまくキャッチできるか心配です。

フライとるのが下手だったからなぁ、大丈夫かなぁ?

3 落っタマトープの環境

週一で様子を見に来れればよい程度なので、バケツの中でオタマジャクシが勝手に生きていけるようにしておきたいと思います。

そのうちボウフラも沸くでしょうしカメトープ1号池のアオミドロも入れておきます。

しばらくは、これで様子を見たいと思います。

 

f:id:nature-n:20210704195608j:plain

落っタマトープの中。丸まったアオミドロと2号池に浮かんでいたアナカリス

こんなんでいいのかなぁ?

無事オタマをキャッチできたらエサを増やしていこうと思います。

 お読みいただきありがとうございました。

ブルーベーリーの苗木を作って植えてみた。

こんにちは、たかおです。


カメのためのビオトープ、カメトープ(まだ、カメはいませんが)の2号池に投入した水草に白い花が咲きました。

 

この水草は近所の数少ない用水路に生えている水草で、自分が子どもの頃から水草はこれしかないといったものでした。

 

40年以上前からある物なので、まさか外来種とは思わず、ろくに調べずにクロモなんて書いたこともありましたが、アナカリスオオカナダモ)のようです。成長が早い感じです。

f:id:nature-n:20210627074141j:plain

アナカリスはすっかりツチガエルのお気に入りのようです。

 

カメトープの横のスペースにブルーベリーを植えてみました。初めてで上手くいくか分かりませんが、ブルーベリーなってくれると嬉しいです。

 

今回は、3年ほど前にブルーベリーの挿し木から苗を作ったものをようやく植えてみることにしました。

 

ブルーベリーの種類は何種類もたくさんあるようでよく分かりませんが、粒は小さめのです。

 

 ブルーベリーを植えるにはピートモスということで、ホームセンターに行きましたが、まさかの品切れ、やむをえず、かわりに割高なブルーベリーの土を使うことにしました。品切れなんて、みなさんブルーベリー植えてるのでしょうか?

f:id:nature-n:20210627073513j:plain

苗とピートモス(家にあったあまりもの)とブルーベリーの土

基本的に陽当りがあまりよくない敷地の中でも、比較的日照時間が多い場所に全部で十数本植えるとになりました。カメトープの雨水タンクから近いので水やりに利用しようと思います。

 

f:id:nature-n:20210627073716j:plain

仮置きして1mほど間隔をとってバランスを取ります。少し狭いかな。まぁいいか。

 

植木鉢より一回り大きな穴を掘ります。

f:id:nature-n:20210627073804j:plain

移植ゴテで穴掘り。植えていく本数が増えるにつれ、だんだんと穴が小さくなってしまう。

f:id:nature-n:20210627073837j:plain

掘り山と苗の間にピートモスを入れた

ピートモスをしっかり水と混ぜてペースト状にして使いました。

 

途中からピートモスが無くなったので、ブルーベリーの土を使いました。こちらは、いろいろ混ざっていてブルーベリーが良く育ちそうです。高いだけあって効きそうです。

 

 

植えた後は乾燥防止にチップでマルチングした方が良いらしいので、かぶ島(かぶとー)2号から半年前に作ったチップをもってきました。かぶ島(かぶとー)1号は、カブトムシの幼虫が蛹になっている頃なので静かに触らずおいておきました。

 

 

nature-n.hatenablog.com

 

f:id:nature-n:20210627073948j:plain

かぶとー2号のチップ。いい感じで腐食が進んでいます。カブトムシの産卵も期待きそう。

 

 

ブルーベリーの植え付けが完了しました。

 

f:id:nature-n:20210627074018j:plain

完成

f:id:nature-n:20210627074314j:plain

最後はぎゅうぎゅうに。

 

バランスをとったつもりが、最後は入りきらずに。まぁいいか。

ブルーベリーは水やりをしっかりやった方がいいみたい。

でも、これから梅雨全盛期に入るようなので梅雨明けまでほったらかしでいいかなぁ。

週末位は水やりかなしようかなぁ。まぁその時の気分次第で。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

カメトープ2号池にアオコが発生しました③(水中型ろ過器試作)

こんにちは、たかおです。梅雨本番といった感じで雨の日が増えてきましね。

カメのためのビオトープ(まだ、カメはいませんが)の2号池には梅雨入り前にアオコが発生しました。

 前回、エアポンプを導入したのですが、夜の作動音が気になり一時使用を停止していましたが今回改善してみました。合わせて水中型ろ過器を試作したのでその報告です。

f:id:nature-n:20210619151124j:plain

泳ぐときも一緒の仲良しツチガエル 。この時期なんですね、知りませんでした。

nature-n.hatenablog.com

 

1 エアポンプにタイマー導入

 エアポンプを買ったのでどうしても使いたくて、いろいろ調べてタイマーを付けることにしました。

 直流という条件で製品が限られてきますが、水耕栽培等で使用されていて評価の高いタイマーを導入することにしました。

 電気素人の私は接続に戸惑い、思ったように作動するまで少し苦労しましたが今のところ問題なく動いてくれています。

 毎日、午前、昼、夕方に1時間ずつ、計3時間、エアポンプを作動させています。

 これでバッテリーも1週間は持つようになりました。

2 水中型ろ過器 試作1号

 エアポンプの力を最大限発揮したかったので水中型ろ過器に挑戦しました。

私の場合、ろ過というよりは2号池の底の水を循環させるのが一番の目的です。

これまでは、循環させるがために池底から注水しておりました。注水量も少ないこともあってか、アオコを抑えるほどの効果はなかったかもしれません。

池底に滞留した水をしっかり水面まで上げるためにパイプを付けることにしました。

f:id:nature-n:20210619152006j:plain

試作機1号の材料

白い凸型の箱がタイマー

その横の黒いコントローラーは配線が複雑(私の場合)になるので使用せず

f:id:nature-n:20210619162201j:plain

エアストンと水中ろ過器用にエアホースを分岐

これに小石を被せて完成

ザルの中が空洞で空気の上昇に引っ張られて池底の水が水面まで上がる想定

f:id:nature-n:20210619152137j:plain

試作1号機が完成

池底注水用のパイプの中にエアホースを通して見た目をすっきりさせた(つもり)

f:id:nature-n:20210619152337j:plain

試作1号をカメトープ2号池に設置

池の水を抜かないで設置したので結構大変

見た目をすっきりさせたつもりが、カゴの色がなんとも、、、

f:id:nature-n:20210619160759j:plain

水中型ろ過器稼働成功!エアストン機能せず

 

3 水中型ろ過器 試作2号

 試作1号が失敗したので、気を取り直してリベンジです。

まずはカゴの色を改善。白いカゴ(ダイソー)が小屋にあったのでこれを使います。

試作1号で使用したカゴよりも浅いのでザルの代わりに穴を開けたパイプを繋げて給水口にします。

f:id:nature-n:20210619150954j:plain

穴を開けたパイプを敷き並べてカゴ全面から池底の水を吸うイメージ

試作1号でエアストンが機能しなかった理由は、エアストンに空気が流れるのに少なからず抵抗があるのに対し、水中ろ過器の方は抵抗がないため、水中型ろ過器側に空気が全部流れたことです。

ということで、水中型ろ過器側にも同程度の抵抗を与えようとキッチン用水切りネットでエアホースの口をボッチすることにしました。

f:id:nature-n:20210619161715j:plain

ボッチ量は試行錯誤して決定

f:id:nature-n:20210619151350j:plain

小石を被せて完成。水草(クロモ)も追加

取っ手がないのでアルミ針金で取っ手代わりに

そして試作2号をリベンジ設置しました。

f:id:nature-n:20210619151543j:plain

排水用パイプも避けて写真撮影で見た目もすっきり

f:id:nature-n:20210612203355j:plain

試作2号ではエアストンも水中ろ過器も稼働

夏のアオコ発生を抑えられればいいなぁと思います。

 

4 いつかは、水中型ろ過器をビルトインしたい

 カメのためのビオトープ、カメトープ(まだ、カメはいませんが)の2号池は、カメが冬眠できるように水深を深くした経緯があります。なので、今回の試作2号のままでは、カメが冬眠ができるかどうかわかりません。

 見た目も1号よりはマシですが、なんかしっくりしないなぁ、と。

カメが冬眠するまでに水中ろ過器をビルトインしてすっきりさせたいと思います。いつになるか分かりませんけど。

f:id:nature-n:20210619150753j:plain

最近のカメトープ(まだ、カメはいませんが)の様子

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。