たかおのビオトープ

思いついて、やってみたことを書いています。

ああ〜怖い 地面を穿る 猪か

こんにちは、たかおです。

今年もイノシシがたかおのビオトープにやってきました。今日はその被害の報告です。まだ、軽い被害なのでテンション低めです。

 

あらゆる所でほじくり返す

 

結構な範囲でほじくり返してありました。草ぼうぼうの場所よりは草刈りをして刈った草をそのままにした場所がよくやられている印象です。

そのような場所の方がミミズなど、餌になる生き物がいるからでしょうかねぇ。

f:id:nature-n:20221002202740j:image

 

カブトムシの幼虫は?

 

カブトムシが卵を産むように作った2つのかぶ島(かぶとー)、昨年は見事に壊滅されましたが、今年は対策(栗のイガ+ネット)をしておきました。

イガもネットも触られた形跡がありましたが、抑制効果があったようでやった甲斐はありました。

今年、カブトムシの産卵があったかどうかわかりませんが、イノシシで全滅されることは無さそうです。

f:id:nature-n:20221002202856j:image

イガとイガの隙間を狙って穿ったようです。さすがにイノシシだって鼻にイガが刺さったら痛いでしょう。
f:id:nature-n:20221002202706j:image
ネットの方は上から穿ろうとしてもネットが邪魔になったようで諦めたようです。

 

サツマイモは?

 

イノシシが怖かったのでサツマイモは先に収穫しました。サツマイモ畑では来年の対策の参考にイモ1株を残してあります。

ピンクテープで1周囲い、株周囲にはこれでもかとイガを配置しました。また、すでに収穫したイモのツルもあえて残してあります。
f:id:nature-n:20221002202838j:image

f:id:nature-n:20221002202718j:image

ピンクテープの手前までイノシシの穿った跡がありました。でも、ピンクテープで囲まれた中は穿られていなかったのでイノシシはピンクテープの中には入らなかったようです(推測)。

f:id:nature-n:20221002210816j:image

イモの上にイモよりも多いイガを置いてあります。来週はピンクテープ外してみようかな。

 

おまけ

 

たかおのビオトープではこれまで、ツチガエル、ヒキガエルモリアオガエルが見られました。

今日、何気に目に止まったカエル。

一瞬、モリアオガエルかと思いましたがアマガエルでした。

え?なんで。

子どもの頃から周囲には水田なく近所で見たことは無かったのでとても驚きました。
f:id:nature-n:20221002202850j:image
f:id:nature-n:20221002202832j:image

ツチガエルと違った可愛さがありますね。

誰かの車に乗ってきたかもしれませんね。まぁその辺りは気にしないことにして、たかおのビオトープでアマガエルも増えてくれると嬉しいです。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

気が早い イチゴが赤い 鈴なりの

こんにちは、たかおです。

ビオトープ作りの最初の目的だったはカメを飼う目標は一向に進みませんが野菜作りをしている方のブログを拝見しているうちに自分もサツマイモ以外の野菜作りもやってみたくなりました。

せっかくなので子ども達も喜ぶイチゴを作ってみようと思います。

場所の選定

土地は南方に山を背負っているので全体的に陽当りが良くありません。それでも比較的マシな場所で作ることにして草刈りをしました。

左側は南方になり、以前アオダモを植えた畝があります。アオダモは1年程度ではそれほど大きくならないと思っているので気にしていません。

私はイチゴ作りは初のことで、何もかもググって進めていくことになります。

まず、イチゴは寒さに強くマイナス5度程度までなら大丈夫のようで、しっかりと寒さにあてることも必要のようです。ただ、苗が積雪で潰れないよう注意が必要とのことですが、こちらは霜が降りるものの雪は滅多に降らないのでなんとかなりそうです。

雑木の株を除去

敷地でチラホラ見かけるこの雑木。名称が定かではありませんが樹勢が強く成長も早く、地下茎で広がっていく厄介者です。株を除去するに一苦労しました。本当はキレイに根っこ全部を取りたかったのですが深さと広さに根負けし根株だけ除去しました。

耕す

刈った草が耕うん機の刃に絡まるので、刈った草を横に避けてから耕うん機を掛けます。ついでに雑草に覆われたいたアオダモの畝をキレイにしました。

イチゴの苗

イチゴの植え時は10月で収穫は5月頃です。

近所の苗屋さんに電話をして、

 イチゴの栽培が初めてであること

 病気に強い苗が希望

と伝えるとと、

 品種によって違いはあまりない

 「とちおとめ」が流通している

とのことでしたので

「とちおとめ」の苗を10本注文しました。

液肥に挑戦

たけさんのブログ「緑の週末日記」で拝見した「ラクトヒロックス」と米の研ぎ汁で液肥づくりにやってみます。

greenweekends.hatenablog.com

 

自宅に持ち帰り、毎日ガス抜きをします。今回のイチゴ用というわけではなく、ほったらかしのスモモやプラム等の果樹にあげてみようと思います。ホントに1回に使う「ラクトヒロックス」の量は少ないので、1袋でずいぶんと持ちそうです。

おまけ

草刈りの最中に数匹見つけたオオカマキリのメス。すでにオスはお腹の中のようです。

f:id:nature-n:20220924160207j:image

 

nature-n.hatenablog.com

お読みいただきありがとうございました。

サツマイモ 今年は早く 掘りました

こんにちは、たかおです。

サツマイモを急遽収穫した話とイノシシ対策の話です。

先週のどうでもいい話

先週の週末は所用があって、たかおのビオトープへ行けませんでした。そこの近くの公園を覗いてみると水路があり地域のボランティアの方々が管理しているようでした。

先週は陽射しが強く、気温も30度を超えていましたので水辺があると暑さも和む感じがします。

f:id:nature-n:20220911122149j:image

水面は全面を浮草で覆われ水中の様子は見えません。
f:id:nature-n:20220911122158j:image

浮草をかき分けると金魚が泳いでいました。水はひんやりした感じで浮草のおかげで水温上昇は抑えられているようです。
f:id:nature-n:20220911122154j:image

公園の他の池では鯉に混ざってナマズが悠々と泳いでいました。こんなに間近に見るのは初めてかもしれません。

f:id:nature-n:20220917212631j:image

急遽、サツマイモ収穫

一昨日珍しく母から電話が入り、「近所のおばさんの親戚(10㎞以上離れてる…他人)のサツマイモ畑にイノシシが入って全部食べられたって。トタンで囲っていたのにやられちゃって。もぅ来年はやらないって言ってる。」

と、ただならぬ様子です。

「で今日、うちのイモを少し掘ってみたら、それなりだったから半分掘ったよ」と母。

「でも疲れてもう半分は残してあるからどうしよう」と。

f:id:nature-n:20220917182640j:image

そこで私は、

「栗のイガがいいらしいよ」と伝えた結果が下の写真です。

サツマイモのツルの隙間にイガが忍ばせてありました。
f:id:nature-n:20220917182648j:image

そして今日(9月17日)にもう半分も収穫することにしました。

イガが意外と痛かった。
f:id:nature-n:20220917182714j:image

イノシシ対策の効果は?

昨年も同様の対策をしました。対策後は被害なしでしたが、効果があったのか、ただイノシシが来なかっただけなのかはわかりません。

なので私の中ではイノシシ対策のピンクテープと栗のイガの効果は未知数です。

少しもったいない気もしますが、サツマイモ一株とイガ、ピンクテープを残して、トレイルカメラを設置して効果を確認してみることにしました。

f:id:nature-n:20220917182722j:image

サツマイモの収穫後

昨年はサツマイモを10月末に収穫したので今年は1か月以上早い収穫になりました。イノシシの心配がないなら涼しくなるまで待ちたいのが本音です。

今回のようにまだ暑いうちに収穫すると、保存しているうちに腐る心配がありますので、雨の当たらない、できるだけ風通しの良い場所で保管するようにして、あとは運に任せます。

 

今年は

干し芋用に 紅はるか

焼き芋用に 安納芋(あんのういも)

その他用に 紅あずま

の3種類でした。

紅はるかは丸くなるように苗を立てて植えてて、他の2種類は普通の細長い形になるよう斜めに植えました。

黒いバケツの数が少ないものが安納芋。皮の色が淡いので区別がつきますが、紅はるかと紅あずまは混ざってしまって私にはよくわかりません。来年は改善したいと思います。
f:id:nature-n:20220917182704j:image

おまけ

2週間ぶりのカメトープに近づくと、チビのツチガエル達が一斉に池に飛び込んでいきました。前に見たオタマジャクシがしっかりとカエルになれたようで安心しました。

カメトープ1号池はアオミドロや以前からの落ち葉でお世辞にもキレイとは言えません。ツチガエルは水の中で冬眠しますので、冬眠する前に掃除したいなぁと思います。
f:id:nature-n:20220917182654j:image

 

nature-n.hatenablog.com

お読みいただきありがとうございました。

晩夏だし早い気もする秋支度

こんにちは、たかおです。

まだまだ暑いが続いていますけど、それでも朝や夕方は過ごしやすくなってきましたね。カメトープ2号池では桜の落葉が始まったので秋を迎える支度をしました。

カメトープ2号池を汚す落ち葉対策と秋支度

池の水はいろいろの原因で汚れますが、うちの場合は、ほぼ葉が池に落ち、そのうちに腐り水が汚れるというのが最大要因で、毎年の負のルーティーンとなっています。

昨年はこれを断ち切りたいと思い落ち葉が入る前にネットを張りましたが、上手に張れませんでしたので、今年はしっかり張ってやろうと燃えています。

ネットを張る前にすでに降りている葉っぱを拾います。

Before and After

つぎに繁茂したアナカリスを引っこ抜きます。この水草のおかげで壊滅状態だったカメトープ2号池のヌマエビが復活しました。でも、勢いがとても強いので、この水草を植えようとお考えの方は、考えた方がいいかと思います。

この水草にはたくさんのカワニナが引っ付いているので、今回も洗って救出し数百はいると思われるカワニナを蛍飛~ぷへ移しました。

水草を洗った桶の底に残ったカワニナベビー
全部のカワニナベビーを蛍飛~ぷへ移動

下準備が終わったらネットをあります。昨年はネットの隙間から葉っぱが落ちてしまいましたが今回はそれなりに作りました。


f:id:nature-n:20220903224004j:image

f:id:nature-n:20220903224000j:image

まだツチガエルがいるので自由に動けるよう陸地は隙間を空けておきます。

トンボも飛んできますが1号池へ行ってもらえばいいので、まぁ良しとします。


f:id:nature-n:20220903224030j:image

f:id:nature-n:20220903224036j:image

睡蓮鉢の秋支度

夏の陽射しから水温上昇を防ぐために簾をかけましたが睡蓮にしっかり陽が当たるように取っ払いました。2匹の金魚も元気に夏を越せました。

f:id:nature-n:20220903224219j:image

かぶ島(かぶとー)のイノシシ対策と秋支度

昨年の秋にイノシシの襲来を受けたかぶ島です。今年、カブトムシの産卵があったかないかわかりませんがネットをかけることにしました。まだカブトムシが産卵に来てもいいように、カブトムシが通り抜けられる目の大きさが5センチのネットにしました。

草むしりをしてネットをかけました。

隙間が空いた部分には栗のイガを置いておきます。

ネットもイガも効果は未知数ですがイノシシの鼻にイガが刺さると思うと、、、

楽しみです!

サツマイモ畑のイノシシ対策で秋支度

イノシシ対策としてピンクテープでぐるりとサツマイモ畑を囲いました。こちらも効果は未知数ですが昨年、使ったものを再利用です。

おまけ

かぶ島で作業をしていたら、もぞもぞと歩く生き物を発見しました。これ、ミツバチっぽいけど飛ばないし羽も短い。もしかしたら女王バチでしょうか?

ミツバチの女王様でしょうか?

お読みいただきありがとうございました。

 

nature-n.hatenablog.com